大学編入の志望理由書の添削サービスについて【徹底添削】

大学編入の志望理由書の添削サービスについて【徹底添削】

こんにちは!ステップ編入学院の運営です!

この記事では、

編入受験生

志望理由書って自分で書いてもしっかり書けてるか不安だなぁ。何をどう書けばいいんだろ?しかも合格にどれくらい関係するんだろ?添削とかしてもらった方がいいのかな?

という疑問にお答えします。

ステップ編入学院では大学編入試験の志望理由書の添削サービスを行っています!
結論ですが志望理由書はプロの添削を受けることをおすすめします。

記事内で、「添削サービスの詳細」や「志望理由書が重要な理由」などについて説明します。

添削サービスの詳細【編入で合格するための志望理由書を作る】

志望理由書ですが編入試験の合否に一定のウェイトをしめていると思われます。
少し考えればわかりますが、「編入=途中から入学」するにはそれなりの理由が必要になりますよね?

そんな志望理由書を読むのは、受験する大学・学部の教授や助教などの先生であるため、論理的に整理された矛盾のない文章が必要になります。

とはいえそういった「論理的に整理された矛盾のない文章」を書くことは難しいです。

編入受験生

よし!しっかり書けた!

と思っていても、他人が読むと矛盾があったり、論理的でない文章である可能性が多々あります。

そのため編入試験で不安な要素を1つでも取り除くために、編入試験の志望理由書はプロの添削を利用することをおすすめします。

ステップ編入学院の志望理由書添削の流れ

ステップ編入学院では編入に特化した志望理由書の添削を行っておりまして、サービスの流れは以下のようになります。

  1. 志望理由書の原案を提出してください。
  2. プロが添削を行います。
  3. 添削結果を元に書き直して再提出してください。
  4. 講師が再度添削します。

各ステップごとに紹介していきます。

ステップ1. 志望理由書の原案を提出してください。

編入試験の志望大学・学部・学科の志望理由書を提出してください。

まず自分で志望理由書を考え、志望大学に入学したい理由などを整理して書きましょう。
自信がなくてもOKです。

ステップ2. プロが添削を行います。

提出していただいた志望理由書をプロが添削を行います。

ちなみに添削を担当するのは、旧帝大学以上の文章を仕事にしているプロです。
東京大学や慶應大学を卒業した文章のプロがしっかり問題点を指摘、改善点を提案します。

ステップ3. 添削結果を元に書き直して再提出してください。

通常の添削サービスであれば、一度の添削で終わりですが、弊社ではより良い志望理由書を作るために2段階の添削ステップをとっております。

添削された志望理由書を元に、最適化した志望理由書を書き直しましょう。
通常は添削結果をお渡しして1週間以内に再度提出をお願いしております。

ステップ4. 講師が再度添削します。

最後に講師が誤字脱字がないか、矛盾はないかなど最終チェックを行います。

以上がステップ編入学院の志望理由書添削サービスになります。

料金はA4用紙1枚程度であれば、20,000円(税込)になります。
志望理由書の添削をお申し込みの方はこちらからお申し込みください。

まとめ:志望理由書の最適化は精神安定剤

当たり前ですが、どれだけ志望理由書が素晴らしくても筆記試験で点数が取れなければ合格することはできません。

とはいえ編入試験は毎年合格者数が不明であったりするので、同程度の筆記試験結果の受験者が2人いた場合は、志望理由書などが合否を分ける可能性があります。
受験者数が少なく、合格者数が不透明な編入試験だからこそ志望理由書も手を抜くことはできません。

少しでも不安がある場合はぜひ添削サービスを利用してみてください。
志望理由書の添削をお申し込みの方はこちらからお申し込みください。